本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

世界くらべてみたらシンガポールのスシローまとめ!ドバイ万博も(アラブ首長国連邦)

テレビ

『世界くらべてみたら新春3時間SP』が1月5日に放送されました。

日本でも大人気の寿司チェーン、スシローを世界とくらべていましたね。

今回は、シンガポールと、アラブ首長国連邦で行われているドバイ万博のスシローを日本と比べます!

 

なかなか海外へ行きにくいご時世ですが、世界のスシローを見て、少しでも海外旅行気分を味わえたらなと思います。

世界のスシローもとても美味しそうです!

 

この記事では、

世界くらべてみたらシンガポールのスシローまとめ
世界くらべてみたらドバイ万博(アラブ首長国連邦)のスシローまとめ
ということについてまとめていきたいと思います。

世界くらべてみたらシンガポールのスシローまとめ

シンガポールのスシローを紹介してくれたのは、シンガポールご当地アイドル「くみっこ」こと佐藤久美さんです。

シンガポール最大級のイベントで日本代表チームのダンス監修をするなど、ダンスインストラクターとしても活躍されています。

シンガポールのスシローの場所

今回紹介されたシンガポールのスシローは、オーチャードにある伊勢丹の中にあります。

外から直接繋がるオープンスタイルなんだそうです。

お値段は、

  • $2.20(約180円)
  • $3.20(約260円)
  • $4.80(約400円)

と日本と比べると高めですが、一般的な寿司屋が1皿約330円というシンガポールではお得なんだそうですよ。

シンガポールスシローご当地メニュー

シンガポールスシローのご当地メニューとして紹介されたのは、以下のメニューです。

  • 麻婆茄子
  • トンポーロー
  • 棒棒鶏にぎり
  • りゅうきゅう

お値段は約180円です。

トンポーローとは、豚肉を甘辛く煮詰めたものです。

少し甘みのある醤油味で、豚肉がミルフィーユみたいに重なっていて美味しいようですよ。

 

棒棒鶏にぎりは、出汁の風味が効いたゴマだれを使用していて、普通の棒棒鶏とは少し違うようです。

 

りゅうきゅうとは、醤油・酒・みりん・ごま・しょうがで作ったタレで新鮮な魚を和えた大分の郷土料理です。

日本のスシローでは、タッチパネルでは注文できない裏メニュー「まぼろしの倍盛り海鮮漬け」として販売されています。

シンガポールの人は辛いものが好きなので、チリが入っていてスパイシーだそうです。

 

また、シンガポール人はサーモンが大好きなのえ、サーモンだけで12種類もあります。

今回は、シンガポール限定ということで、以下の2つを紹介していました。

  • サーモンスパイシーマヨ
  • 焼きとろサーモンジンジャー

こちらも約180円です。

チリやチーズがマッチしていて、中華テイストで美味しいそうですよ。

 

そして、シンガポールにはサーモンの自動販売機があると紹介していましたね!

冷凍サーモンが約330円と、スーパーの3分の1ほどの値段で買うことができます。

シンガポールは国土が狭いので、スーパーの値段が高いんだそうです。

シンガポールスシロー人気サイドメニュー

シンガポールスシロー人気サイドメニューとして紹介されたのは、以下のメニューです。

  • サーモンスキン
  • 八天堂クリームパン
    (チョコレートピーナツバター味)
    (グラマラッカ味)

シンガポールにはフィッシュスキンというおつまみがあり、子どもから大人まで大人気ということです!

唐揚げの魚版のようで、いくらでも食べられてしまうそうです。

 

グラマラッカとは、ココナッツの樹液を原料に作られたマレーシアの砂糖です。

八天堂は元々シンガポールに出店していたため、コラボが実現したんだそうです。

チョコレートピーナツバター味もグラマラッカ味も、シンガポールのスシローでしか食べることができないので、ぜひ食べに行きたいですね!

世界くらべてみたらドバイ万博(アラブ首長国連邦)のスシロー

ドバイ万博のスシローを紹介してくれたのは、シリア出身のナジーブ・エルシュさんです。

ジャーナリストとして、中東と日本とを繋ぐ仕事をされていて、小池百合子都知事と対談をしたりもしています!

ドバイ万博スシローご当地メニュー

ドバイ万博スシローのご当地メニューとして紹介されたのは、

・まぐろアボカドロール(約580円)

です。

ドバイ万博のために新しく開発されたんだそうです。

アボカド・たまご・チーズ・きゅうりが入ったロール寿司の上に、漬けマグロを乗せて握るという、斬新かつ手の込んだ一皿です!

 

また、サーモン、うなぎ、えび天などを使ったオリジナルロール寿司が6種類もあるそうです。

海外ではロール寿司が人気なんですね。

 

日本の食材を8割も使用していたり、スタッフは全員日本から連れてきたりと、かなりの徹底ぶりです。

ぜひ万博へ訪れたいですよね。

ドバイ万博スシロー人気サイドメニュー

ドバイ万博スシローの人気サイドメニューとして紹介されたのは、

・味噌ラーメン(約680円)

です。

揚げネギ、コーン、煮卵などがトッピングされています。

 

こちらもドバイ万博オリジナルで、白湯スープを使用しています。

ハラルフードという、ハラルの基準をクリアするためということです。

 

ハラルとは、許されているという意味です。

イスラム教では豚肉やアルコールなどを食べることが禁止されているので、タブーに触れた食材を除く「ハラルフード」を目指したんだそうです。

醤油にもアルコールが少し含まれているということで、アルコールなしの醤油にするためにも苦労されたんだそうですよ。

ドバイ万博スシロー人気No.1メニュー

ドバイ万博スシロー人気No.1メニューは、

・生サーモン(約400円)

です。

 

新鮮な食材を提供するために、空輸で仕入れているようですよ。

ドバイ万博の1日平均来客数は930人、週末の平均は1000人ということで、万博有数の人気店なんだそうです。

美味しいお寿司を提供するために努力をしている結果ですね!

まとめ

世界くらべてみたらで紹介された、シンガポールとドバイ万博のスシローのメニューをまとめてみました。

シンガポールのスシローも、ドバイのスシローもとても美味しそうでしたね。

現地でしか味わえない味もたくさんあるので、早く海外に自由に行けるようになりたいですね。

それまでは日本でスシローを楽しみたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました