本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

さよならマエストロロケ地ホールはどこ?晴見市あおぞら文化ホールやウィーンのホール

ドラマ

日曜劇場『さよならマエストロ』が1月14日にスタートしました。

第一話を観て、どこで撮影が行われたのかロケ地が気になる方も多いでしょう。

 

特に、ドラマの冒頭で登場したウィーンのホールや、晴見フィルハーモニーが活動をする晴見市あおぞら文化ホールのロケ地がどこなのかが気になります。

ドラマの中心的な場所でもあるホールのロケ地がどこなのか調査してみました。

 

この記事でまとめた内容はこちら、

さよならマエストロのロケ地、晴見市あおぞら文化ホールはどこ?
さよならマエストロのロケ地ウィーンのホールはどこ?

さよならマエストロロケ地晴見市あおぞら文化ホールはどこ?

日曜劇場『さよならマエストロ』でのメインの場所と言えば、晴見フィルハーモニーが活動をする、晴見市あおぞら文化ホールですね。

晴見市あおぞら文化ホールは、外観、内観、ホールと、それぞれ違うロケ地が使われています。

それぞれまとめていきたいと思います。

晴見市あおぞら文化ホールの外観は富士市文化会館ロゼシアター

晴見市あおぞら文化ホール外観のロケ地は、富士市文化会館ロゼシアターです。

 

西島秀俊さん演じる夏目俊平の娘である、芦田愛菜さん演じる響が異動を命じられたのが、この晴見市あおぞら文化ホールです。

第一話の冒頭で、石田ゆり子さん演じる、響の母親志帆が、俊平に電話をかけていたのもこの晴見市あおぞら文化ホールの前でしたね。

 

富士山が見えるとても素敵な建物です!

静岡県富士市に位置する、平成5年にオープンした文化会館です。

コンサートやミュージカルなどが催されているので、聖地巡礼がてら鑑賞したいですね。

 

こちらが、富士市文化会館ロゼシアターの情報です。

富士市文化会館ロゼシアターHP

 

富士山を間近に見ることができる富士市文化会館ロゼシアター、静岡県に訪れた際にはぜひ推しを運んでみてください。

晴見市あおぞら文化ホールの内観は東京音楽大学池袋キャンパス

晴見市あおぞら文化ホール内観のロケ地は、東京音楽大学池袋キャンパスです。

東京音楽大学池袋キャンパスの100周年記念ホールとJ館スタジオがそれぞれロケ地として使われています。

 

晴見フィルハーモニーが演奏会をしていたのは東京音楽大学池袋キャンパスの100周年記念ホール、練習をしていたのが東京音楽大学池袋キャンパスのJ館スタジオです。

さすが音楽大学と思ってしまうような素晴らしいホールやスタジオでしたね!

 

晴見フィルハーモニーのティンパニー奏者である、久間田琳加さん演じる内村菜々の学生シーンも、東京音楽大学池袋キャンパス100周年記念ホールです。

緊張のあまりにコンサートで失敗をしてしまっていました。

 

こちらが、東京音楽大学池袋キャンパスの情報です。

東京音楽大学HP

 

外観もとっても素敵です。

大学なので、自由にホールの中には入れないかもしれませんが、外観だけでも見に行きたいですね!

晴見市あおぞら文化ホールのロビーは東京外国語大学府中キャンパス

晴見市あおぞら文化ホールロビーのロケ地は、東京外国語大学府中キャンパスです。

 

ティンパニー奏者の菜々と、主人公夏目俊平が話していたシーンが印象的でしたね。

晴見市長と俊平も、ここで会話をしていました。

東京音楽大学も素敵でしたが、東京外国語大学もとてもすてきな内観ですね。

東京外国語大学は、府中キャンパスと本郷サテライトキャンパスの2つのキャンパスがありますが、ロケ地として使われたのは府中キャンパスです。

 

こちらが、東京外国語大学府中キャンパスの情報です。

東京外国語大学HP

 

こちらも大学ですが、ホールではないので東京音楽大学よりは入りやすいかもしれません。

西島秀俊さんらが撮影をされた場所に行ってみたいですね!

さよならマエストロロケ地ウィーンのホールはどこ?

さよならマエストロの冒頭はウィーンのシーンで、ホールのシーンもありましたね。

こちらウィーンではなくて東京がロケ地です。

俊平が指揮をしていたホールと、娘の響がコンサートで演奏をしたホールです。

 

それぞれロケ地を見ていきましょう。

東京オペラシティコンサートホール(俊平が指揮)

さよならマエストロ冒頭に登場したウィーンのホールのロケ地は、東京オペラシティコンサートホール:タケミツメモリアルです。

主人公夏目俊平が代役で指揮をしていたホールです。

 

ウィーンがロケ地なのかと思いましたが、ホールは東京で撮影が行われたということです。

オーケストラは、ウクライナ国立歌劇場管弦楽団でした!

ウィーンで撮影しているのではと勘違いしてしまうようなシーンでしたね。

西島秀俊さんが指揮をする姿も素敵でした。

 

こちらが、東京オペラシティコンサートホールの情報です。

東京オペラシティコンサートホールHP

 

ピラミット型の、とてもおしゃれなホールです。

ホールの中に入ったら、ウィーンにいるような気持ちになれそうですね!

すみだトリフォニーホール(響のコンクール)

さよならマエストロ冒頭に登場したもうひとつのウィーンのホールは、すみだトリフォニーホールです。

俊平の娘、響がバイオリンのコンサートに出場していたウィーンのホールです。

 

芦田愛菜さん演じる響が、ウィーンのコンクールで演奏をするシーンでした。

響はバイオリンをやめてしまったという設定ですが、芦田愛菜さんのバイオリンを聴ける回があるといいですね!

ほんの少ししか映りませんでしたが、素敵なホールでしたね。

 

こちらが、すみだトリフォニーホールの情報です。

すみだトリフォニーホールHP

 

コンサートが定期的に開催されているホールなので、気になる方はチェックしてみてください。

ドラマを見ていると、クラシックが聴きたくなってきますね!

まとめ

日曜劇場『さよならマエストロ』のロケ地について調査してみました。

オーケストラを立て直すという物語なので、やはり気になるのはホールのロケ地です。

ホールだけでもたくさんのロケ地が使われていました。

 

晴見市のロケ地は静岡県ですが、ホールは東京がたくさん使われていましたね。

静岡には行けないけど東京は近いという方は、ぜひチェックしてみてください!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました