本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

マクドナルド福袋2024倍率や当選確率は?当たる方法はあるのかも調査!

福袋

今年も残り少なくなり、いよいよ福袋の季節ですね。

ハンバーガーやフライドポテトが好きならチェックしておきたいのが、マクドナルドの福袋です!

3,000円の福袋の中に、3,000円以上の無料券やグッズが入っているので、とってもお得ですよね。

2024年は、BRUNO(ブルーノ)とのコラボですよ!

 

マクドナルドの福袋は事前抽選販売ということで、気になるのは倍率や当選確率です。

当たる方法があるのかどうかも調査してみましょう!

 

この記事でまとめた内容はこちら、

マクドナルド福袋2024の倍率や当選確率はどのくらい?
マクドナルド福袋2024の当たる方法はある?

マクドナルド福袋2024の倍率や当選確率はどのくらい?

マクドナルド福袋2024の倍率はおよそ20倍、当選確率は5%ほどではないかと考えます。

例年マクドナルドの福袋の倍率や当選確率は公表されていませんが、Xのフォロワー数や店舗数、販売個数を参考に計算してみました。

 

マクドナルド公式Xフォロワー数=642.3万人

マクドナルド日本国内店舗数=2,966店舗

マクドナルド福袋販売数=1店舗につき平均100個と仮定=約30万個

福袋の販売数は数量限定となっていてはっきりとした数は公表されていません。

小さい店舗と大きい店舗で数量は異なると思いますが、仮に1店舗平均100個販売すると仮定します。

するとマクドナルドの福袋は30万個販売することになります。

 

実際にはもっと多いかもしれませんし少ないかもしれません。

正式な数量が発表されていないのでおおまかな予想で計算していきます。

642.3万人÷30万個=12.19倍
もちろんフォロワー全員が福袋に応募することはないでしょう。
しかし、Xをフォローしていない人が福袋に応募することはあるでしょうし、2024年は、1人あたり3口まで応募できる可能性があると公式で発表しています。
また、前年の「マクドナルドの福袋2023」に落選された方は、同一アカウントでの応募に限り、応募口数が2口分になり当選確率がアップします。またお支払い方法に「モバイルオーダーでお支払い」を選択しご応募いただいた方は、さらに1口分追加したご応募として受け付けいたします。それぞれの条件を満たすと最大3口分のご応募として受付いたします。
なんと、昨年落選された方が同じアカウントで応募すると、口数が2口となります。
また、モバイルオーダーでお支払いを選択することでされに1口追加し、最大3口の応募ができます。
さらに応募数が増えるため、倍率はおよそ20倍だと予想します。

20人に1人が当選するということなので、当選確率は5%ほどでしょう。

 

当選確率5%だということで、なかなか当選しないことも納得ですね。

しかし20人に1人当たるということで少し期待も持てるような気がします。

ひとり最大3口というビッグチャンスもあるので、当選を期待したいですね!

マクドナルド福袋2024当たる方法はある?

マクドナルド福袋2024当たる方法として試せることが2つあります。

前年落選したアカウントを使用する

「モバイルオーダーでお支払い」を選択する

こちらは、マクドナルド公式が発表している、当選確率アップの方法です!

 

公式HPには、以下のような記載がありました。

前年の福袋「マクドナルドの福袋2023」に落選された方は今回ご応募いただくと、応募口数が2口分になり当選確率がアップします。
さらに、お支払い方法を「モバイルオーダーでお支払い」と選択し、ご応募いただいた方は2口分のご応募として受け付けいたします。それぞれの条件を満たすと最大3口分を追加したご応募として受付いたします。

マクドナルド公式HPより引用

昨年当選した方や、昨年は応募していないという方は残念ですが、昨年落選してしまった方はチャンスです!

モバイルオーダーに関しては、誰にでも当選確率アップのチャンスがあるので期待したいですね!

まとめ

もうすぐ年末ということで、福袋の販売がとっても楽しみですよね。

倍率は高いことが予想されますが、当たる方法として当選確率アップのチャンスを利用できますよ。

今年もかわいいオリジナル商品やコラボ商品がついてくるので、ぜひゲットしたいですね!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました