本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

ふたご座流星群2023沖縄の見える方角やピーク時間は?穴場観測スポットも調査

天体

ふたご座流星群は、例年12月4日頃から12月14日頃まで出現をすると言われていて、しぶんぎ座流星群・ペルセウス座流星群と共に三大流星群のひとつとされています。

今年は12月15日(金)が見頃ということで、楽しみにしている方も多いと思います。

 

いつも星空がきれいな沖縄ですが、普段は空を眺めないという方も、ぜひこの機会にゆっくりと天体ショーを楽しんでほしい思います。

沖縄県でふたご座流星群を楽しむために、見える方角やピーク時間、穴場観測スポットなどを紹介します。

 

この記事でまとめた内容はこちら、

2023年のふたご座流星群は沖縄県のどの方角で見れる?
2023年のふたご座流星群が沖縄県で見られるピーク時間は何時?
沖縄県でふたご座流星群が見られる穴場観測スポットはどこ?

ふたご座流星群2023沖縄で見える方角は?

2023年ふたご座流星群は、どの方角でも見ることができるので、夜空全体を眺めましょう。

 

どの方角からでも見ることのできるふたご座流星群ですが、流星は放射点を中心に放射状に出現します。

そのため、ふたご座流星群の放射点の場所も確認しておきたいですね。

 

こちらの投稿で、ふたご座の放射点がよく分かります。

ふたご座は、午後7時頃北東の空から昇ってきます。

ふたご座の近くにはオリオン座があるので、まずは見つけやすいオリオン座を探してみましょう。

オリオン座の左にある、「U」を右に倒したような星の並びが、ふたご座です。

「U」の底辺にあるふたつの明るい星がふたご座の目印で、左側が「カストル」右側が「ポルックス」です。

 

ふたご座流星群の放射点は、「カストル」の近くにあります。

その放射点から流星が出現するわけですが、放射点のみで見られるわけではなく、空全体で見ることができるので、なるべく空の広い範囲を見渡しましょう!

ふたご座流星群2023沖縄でのピーク時間は?

2023年ふたご座流星群は、12月15日4時頃にピークを迎えます。

ピークの前後も見頃で、特に0〜3時は流星が活発です。

1時間に70個ほどの流星が期待できますよ!

なんと今年は約8年ぶりの好条件なんです。

 

また、13日の夜から流星は観測できるので、毎晩空を眺めてみてもいいですね。

21時頃から流星が出始め、翌朝5時頃まで観測ができます。

空全体を眺めるために、レジャーシートを敷いて寝転ぶこともおすすめですよ。

ふたご座流星群2023沖縄でのおすすめ穴場観測スポット

2023年沖縄県でふたご座流星群を見るのに、おすすめの穴場観測スポットを紹介します。

古宇利島

古宇利島は、沖縄本島北部にあるエメラルドグリーンの海に囲まれた小さな島ですが、沖縄本島から車で行くことができるんです!

2005年に、隣の屋我地島との間に古宇利大橋が開通しました。

透明度が高い海の間を車で走り抜けることができるので、ぜひ明るいうちに橋を渡りたいですね。

 

離島ということで行くのが大変そうですが、車があれば簡単に行くことができそうです。

那覇空港からは1時間半ほどです。

住所:〒905-0406 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利

浜比嘉島

浜比嘉島も離島ですが、車で行くことができます。

那覇市内からは高速で1時間ほどの距離で、沖縄本島中部の勝連半島から橋がかかっています。

 

浜比嘉ビーチやムルク浜ビーチなどの綺麗な海を眺めることもできるので、ぜひ明るいうちに訪れたいですね!

のんびりと星空の観測を楽しめそうですが、かなり暗くなるので気をつけてくださいね。

浜比嘉島紹介サイト

国頭村森林公園

国頭村森林公園には、バンガローや樹上ハウス、キャンプ場などの宿泊施設があります。

キャンプを楽しみつつ、のんびりと流星群の観測をしたいですね!

 

展望台からは夕日も見れるので、夕暮れと星空と両方楽しみたいですね。

生き物観察ツアーや、森林セラピーツアーなどのアクティビティも体験することができます。

住所:〒905-1411 沖縄県国頭郡国頭村辺土名1094

知念岬公園

知念岬公園は、那覇空港から車で1時間ほどの距離にあります。

公園からは太平洋が一望できて、久高島やコマカ島を間近で見ることができますよ。

 

遊歩道もあるので、綺麗な海を眺めながら散歩も楽しめそうですね。

夜はかなり暗くなるので、綺麗な星空が楽しめます。

のんびりと寝ころんで流星を眺めたいですね。

〒901-1400 沖縄県南城市知念久手堅

まとめ

2023年12月15日に、ふたご座流星群が見頃を迎えます。

沖縄県での見える方向やピーク時間、穴場観測スポットについて調べてみました。

ピーク時間は4時ですが、0〜3時も流星が活発ですよ!

 

13日の夜からふたご座流星群は出現するので、ぜひ観測してみてください。

見える方角はふたご座のある方角ですが、ふたご座のみでなく空全体を眺めることがおすすめです。

レジャーシートに寝転がり、のんびりと観測を楽しみたいですね。

 

時間に余裕のある方は、穴場観測スポットもぜひチェックしてみてください。

暖かい沖縄県といえども季節は冬なので、寒さには十分気をつけてくださいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました