本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

アイのない恋人たちクラシックのタイトルはフィガロの結婚!なぜこの選曲?

ドラマ

日曜ドラマ『アイのない恋人たち』、アラサーたちの恋を描いていますが、続きが毎回気になります。

それぞれのこれからの恋、どうなっていくのでしょうね。

 

主人公は福士蒼汰さん演じる真和ですが、脚本家という役柄です。

真和には、脚本を書くときにクラシック音楽を聴くというルーティーンがあります。

そんな真和が聴いているクラシックの音楽が気になったので調べてみました。

 

この記事でまとめた内容はこちら、

『アイのない恋人たち』で真和が聴いているクラシックのタイトルは、「フィガロの結婚 K.492:序曲」
真和はどうしてフィガロの結婚を聴いてるの?

アイのない恋人たちクラシックのタイトルはフィガロの結婚!

ドラマ『アイのない恋人たち』で、福士蒼汰さん演じる真和が聴いているクラシックのタイトルは、「フィガロの結婚 K.492:序曲」です。

リモコンを後ろに向けて、ノールックでクラシックをかける姿、印象的ですよね。

福士蒼汰さんがやるとなんでもかっこいいです!

真和の気合いの入れようが伝わってきますよね。

 

フィガロの結婚は、フランスの劇作家ボーマルシェが、1778年に書いた風刺的な戯曲です。

その戯曲をもとに、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが1786年にオペラを作曲しました。

 

フィガロの結婚は、モーツァルトの有名な楽曲なので、モーツァルトの名曲集で聴くことができます。

真和のような気分を味わいたい方、真和のように何かに集中したい方、ぜひチェックしてみてください。

クラシックを聴くと、なんだか気持ちが落ち着いて集中できそうですよね。

真和はどうしてフィガロの結婚を聴いてる?

ドラマ『アイのない恋人たち』で、どうして真和は「フィガロの結婚」を選曲しているのだろうという疑問の声がありました。

真和は、結婚願望がありません。

同じ女性には3度までしか会わない…そんな男です。

確かに、そんな真和が結婚がテーマの曲を聴くだなんて不思議ですよね。

 

フィガロの結婚は、結婚間近のフィガロとスザンヌの物語です。

結婚を楽しみにするふたりを伯爵が邪魔します。

そんな伯爵、妻がいるにも関わらずスザンヌをものにしようとします。

 

結婚や浮気者の男について描かれたこの曲、真和にぴったりかも?なんて思ったりもします。

『アイのない恋人たち』には、結婚について真剣に考える登場人物も登場しますよね。

ドラマと「フィガロの結婚」なにか繋がるものがあるかもしれませんね。

 

『アイのない恋人たち』にフィガロの結婚がでてくるのが良いという意見もありましたよ。

やはり物語と繋がる部分のある曲なのかもしれませんね。

「フィガロの結婚」が気になる方は、戯曲もチェックしてみてください!

一度はしっかり観てみたい作品ですね。

まとめ

ドラマ『アイのない恋人たち』で、主人公の真和が聴いているクラシックについて調査してみました。

真和が聴いているのは、モーツァルトの「フィガロの結婚 K.492:序曲」です。

 

結婚願望のない真和がどうしてフィガロの結婚を…と思う方もいるでしょう。

真和はこれから結婚に目覚めるのかもしれませんね。

いずれにしろ、フィガロの結婚を選曲したことにはドラマ製作者のなんらかの意図がありそうです…!

 

気になる方は戯曲をチェックしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました