本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

そしてバトンは渡されたはつまらない?映画と原作との違いはどこ?

映画

映画『そして、バトンは渡された』が10月29日(金)に公開となりました。

今大人気の俳優さんたちが主演をされていますし、たくさん宣伝もされていました。

テレビでこの映画のニュースを目にすることも多かったのではないでしょうか。

 

泣ける、感動、と毎日のように予告がされていますが、実際ご覧になった方はどのように感じているのでしょうか。

これから観ようかと迷っているけどつまらなかったら嫌だなと考えている方もいると思います。

また、原作本である『そして、バトンは渡された』は、本屋大賞を受賞されたということでも話題になっています。

原作とは違うのかというのも気になりますよね。

 

この記事では、

映画『そして、バトンは渡された』はつまらないのか?
原作本と映画は違うのか?

ということについてまとめていきたいと思います。

映画『そして、バトンは渡された』はつまらない?

映画『そして、バトンは渡された』を劇場でご覧になった方々は、どのような感想を寄せているのか、紹介していきたいと思います。

キャストが素晴らしかった

映画『そして、バトンは渡された』は、永野芽郁さん、田中圭さん、石原さとみさんが主演を務めたということで、かなり話題になっていました。

演技がとても上手で、美しいキャストさんたちが出ているということで、映画がより良いものになったということです。

 

正直内容はいまいちだったと感じた方も、キャストが素晴らしかったから良い映画だと感じたようです。

ピアノの演奏が素晴らしい

映画の中では、永野芽郁さんと岡田健史さんがピアノを演奏するシーンがあります。

永野さんは、この映画の撮影のためにピアノのレッスンを受けて、とても大変だったと話されていました。

観客を感動させるまでに上達してしまうだなんて、俳優さんてすごいですよね。

ふたりの演奏のシーンが素晴らしく、感動するしたという声が多かったです。

泣ける・感動した・温かい気持ちになった

予告編を観ただけでも、この映画は感動するんだろうな、泣けるんだろうなと想像しますよね。

予告通りに感動的な映画だそうで、かなり泣けたという感想がありました。

家族のかたちを描いた作品で、温かい気持ちになれるようです。

予告でも、お父さんとお母さんの優しさや愛が伝わってきます。

 

優しい気持ちになりたい方にはおすすめの作品のようです。

伏線が回収できてすっきり

予告でも、謎めいた展開が予想されました。

伏線が映画の中に散りばめられていて、最後には回収されるのだそうです。

タイトルにもある、「バトン」の意味というのが、キーワードとなるようです。

 

「バトン」とは一体なんなのか、映画館で確かめたいですね。

わかりやすい

話がわかりやすかったという意見も多かったです。

ただわかりやすすぎて、「あーやっぱりね」と最後に感じた方もいるようです。

わかりやすさゆえに、伏線をすぐに回収できてしまい、展開が予想できてしまうのだそうです。

退屈でベタな内容

わかりやすいという意見が多かったと書きましたが、わかりやすいからこそ、単調になってしまい、退屈さを感じた方も多いようです。

上映時間が長いわりには、淡々とベタなストーリーが進んでいくようです。

前半は退屈だったけど、後半は伏線回収がよかったという意見もありました。

期待しないほうがいい

予告が期待を高めるような内容であったため、期待したほどではなかったという意見もありました。

予告を観て、展開を想像してしまうと、残念な気持ちになってしまいますよね。

 

また、原作を読まれた方は、原作と比べて残念な気持ちにもなられたようです。

前情報なしで観る方がいいという意見がたくさんありました。

原作をまだ読んでいない方は、読まずに劇場へ行った方が楽しめるのではと思います。

先入観を持たずに鑑賞されると、楽しめる作品なのではないでしょうか。

泣けない

周りは泣いていたけど、全然泣けなかったという意見もありました。

映画の中で、出演者ばかりが泣いていて、観ている側は泣けなかったようです。

これもまた、内容がベタだったということが影響しているようです。

原作本と映画は違うの?

映画『そして、バトンは渡された』は、原作本とはラストシーンが異なっているようです。

ラストが異なるということで、原作本とはまた違った別の作品として楽しめるのではないでしょうか。

 

原作と同じなら観なくていいかと思っている方は、ぜひラストの違いを確かめに劇場に足を運んでみてください。

映画だけを観た方は、映画のラストシーンと比べながら小説も読んでみると楽しめるのではないでしょうか。

まとめ

10月29日(金)に公開となった『そして、バトンは渡された』の感想を見てきましたが、よかったという意見、残念だったという意見、様々な意見がありましたね。

人それぞれ映画に対する感じ方は異なりますが、観てよかった、感動した、と思えることも確かでしょうし、残念だったと思えることも確かです。

ぜひ、気になる方は劇場に足を運び、自分なりの意見を見つけてみてほしいと思います。

 

とにかくキャストさんの演技が素晴らしいという感想は誰もが感じているようなので、そんな素晴らしい演技を観に足を運ぶのもいいのではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました